この食べ物はNG!アトピーにおすすめ食材・食事・レシピ

この食べ物はNG!アトピーにおすすめ食材・食事・レシピ

子供から大人まで、多くの人が悩まされているアトピー性皮膚炎。
痒みを伴う患部の治療はもちろんのこと、食事に気を付けることでも治療に繋がると言われています。

 

アトピー性皮膚炎の方は、どのような食事を摂るのが良いのでしょうか?
アトピー性皮膚炎の方の食事の大原則として、動物性の食事ではなく植物性の食事を摂るということがポイントとなります。

 

簡単に言ってしまうと、洋食ではなく和食を中心とする…と考えて頂くと良いでしょう。

 

その証拠として、アトピー性皮膚炎の方が避けるべき食材には以下のものが挙げられます。

  • 牛乳
  • マーガリン
  • チョコレート
  • ジャンクフード
  • 白い砂糖

です。

 

これらに含まれる動物性の成分などが体の中で悪さをすると、痒みや炎症の原因になると言われています。
これらを使用した美味しい食事は沢山ありますが、避けるべき食材ですので気を付けましょう。

 

アトピー性皮膚炎の方におすすめの食材は、乳酸菌をたくさん含んだ発酵食品です。
納豆・キムチ・味噌などは代表的な食材で、毎日上手に摂り入れたいところです。

 

おすすめレシピ

昔の日本ではアトピー性皮膚炎の患者さんは非常に少なかったそうです。
様々な食材が手に入るようになり、栄養豊富な食事をするようになった我々に降りかかってきたのがアトピー性皮膚炎などの難解な病気なのです。
食の多様化がもたらした影響は大きな問題となっています。

 

まず、基本的な日本食に立ち返ることから始めてみましょう。
おすすめのレシピは、味噌汁・玄米(白米)・納豆・漬物です。
これらを摂取することで酵素や乳酸菌が豊富なので、便通も良くなりますし免疫力も高めてくれます。

 

何も難しいことはありません。
このような基本的な和食を食すことで、体の中からデトックスされていきアトピー性皮膚炎の治療の手助けとなるはずです。

 

薬に頼らなくても済むように、体の中からも改善していくように努めましょう。