頭皮アトピーとにきび・できものは違うの?

頭皮アトピーとにきび・できものは違うの?

頭皮は想像以上に傷つきやすく、きっかけがあればあっという間にできものが出来るといいます。
頭皮にきびなどは発見が遅れやすいため、化膿するなど重症化しやすいのですが、中には頭皮アトピーになって頭皮が炎症を起こすこともあります。

 

頭皮ニキビも頭皮アトピーも頭皮に出来るのは変わりありませんが、いったいどんな違いがあるのでしょうか。

 

原因の違い

 

頭皮アトピーとニキビの違いは、原因にも現れます。
頭皮アトピーは頭皮にアレルギー反応が現れる物質が接触することで発症することが多く、化学薬品やダニの市外、花粉などで発症します。

 

対して頭皮ニキビは頭皮の傷から雑菌が進入することで発症することがほとんどで、その雑菌も大抵はアクネ菌といわれています。

 

症状の表れ方の違い

 

頭皮アトピーとニキビを比較すると、症状の表れ方にも大きな差があります。
頭皮アトピーになると患部が赤くなったり、発疹が表れるようになり、激しいかゆさを感じるようになります。
さらに皮膚が敏感になり、髪の毛があたるだけでもかゆみを感じるようになるなど、非常にきつい症状が表れます。

 

対して頭皮ニキビの場合は、爪で傷つけたら痛んだり化膿したりするといった程度で、非常にきつい症状が表れるわけではない分、治療は早く進みます。

 

治療法の異なる点

 

症状の表れ方が違うなら、治療法も変わってきます。
頭皮ニキビは専用のニキビ薬を使用したり、患部を殺菌して雑菌の繁殖を押さえることで時期に元の状態に戻ります。

 

アトピーになると治療のためには皮膚科で調剤された薬を使用しつつ、原因となる食べ物などを取り除く必要が出てくるなど、頭皮ニキビよりも手厚い治療が行われることとなります。

 

 

頭皮アトピーに比べると頭皮ニキビの治療は簡単ですが、いずれにしろ頭皮の問題であることは変わりません。
頭皮をきちんとケアしつつ、健康的な生活を送ることで症状も抑えることが出来るはずです。
健康的な頭皮を守るためにも、アトピーやニキビ対策を入念に進めるようにしましょう。